体験談

レーシックが普及した理由

視力が悪い人にとって、これまでなら、メガネをかけるか、もしくはコンタクトレンズを使用するか、の選択肢しかなかったのですが、最近ではレーシック手術という選択肢も増えました。
日本にもかなり普及したレーシック手術は、その効果の高さから高い評価を得ています。

ここまでレーシック手術が普及したのは、本当にここ最近のことです。
レーシックが普及した理由としては、なんと言っても裸眼の状態での視力が矯正できるということではないでしょうか。
メガネにしてもコンタクトレンズにしても、裸眼での視力が改善できるものではありません。

ですから、メガネやコンタクトレンズをしていない時には、もちろん日常生活が困難です。
メガネにしてもコンタクトレンズにしても、メンテナンスが面倒だったり、違和感などもあるので、不便な思いをしている方も多いことでしょう。
しかしこの手術は、裸眼の視力が矯正できるという素晴らしいメリットがあるものの、角膜を剥がしてレーザーを当てる、という手術を行う必要があります。

この手術内容を聞いただけでコワイと思ってしまう方も多いかもしれませんが、ここまで普及するレーシック手術が、危険なものであるはずがないのです。
日本でも国がその安全性を認めたレーシック手術は、成功する確率も非常に高い手術です。
もちろん麻酔をしてから手術を行いますので、痛みもほとんど感じることなく、入院の必要もない短時間で終わる、とても手軽な手術なのです。
手術前に適応検査などがありますが、レーシック手術自体は20分程度で終わるため、本当にあっという間に視力回復ができるのです。

目が非常に大切なプロのスポーツ選手も、このレーシック手術は魅力のあるものです。
有名なスポーツ選手の多くがこの手術を受けて話題にもなりましたね。
また芸能人でもたくさんレーシック手術を受けていて、これらのことも日本でレーシック手術が急速に普及した理由となっているようです。

レーシック手術は、少し前までは非常に費用のかかる手術でしたが、最近では費用もかなり
お手頃になったことも、多くの一般の人に普及した理由のようです。
以前は、角膜が薄い人はこの手術を受けることができなかったため、手術を受けたくても受けられない人もたくさんいましたが、最近では新しい種類が増え角膜が薄い人でも受けられるレーシックの種類も出てきました。
種類が増えたことも人気になった理由の一つでしょう。



Copyright(C) 2013 目の視力回復には欠かせない All Rights Reserved.