体験談

レーシックとメガネとコンタクト、徹底比較

視力の改善、視力矯正のためには、これまでであれば、メガネかコンタクトを使用する選択肢しかありませんでしたが、最近ではレーシックによる視力矯正もかなり普及してきましたね。
レーシック、メガネ、コンタクトにはそれぞれ、かかる費用も安全性も異なります。
それぞれには、メリットもデメリットもあることをしっかりと把握した上で、自分に一番良いものを選んでみてくださいね。

目への安全性、健康のことを考えれば、もっとも安心なのはやはりメガネです。
角膜に直に接していないメガネは、最も安全性の高い視力矯正の方法です。
コンタクトレンズは、目に充分な酸素が行き渡らなくなったり、あるいはレンズによって角膜を傷つけてしまう恐れもあります。

さらにレンズをきちんとメンテナンスしておかないと、感染症などを起こしてしまい、目が炎症を起こしてしまう可能性も高いのです。
レーシックは角膜にレーザーを当てる手術となるので、なんだか怖そうですが、安全性の高い手術です。
しかし稀に合併症や後遺症などのニュースも聞かれるために、レーシック手術を受ける際には、クリニック選び、医師選びがとても重要です。
どのような合併症の心配があるのかは、http://www.aerconditionatieftin.com/rikaiwo.htmlのサイトをご覧いただければわかります。
レーシック保証の利点はしっかりとしています。

費用の面で言えば、圧倒的に安いのがメガネですね。
メガネの市場拡大により、メガネの質は上がりながらも、価格は全体的に下がっています。
ここでレーシック手術とメガネの関係についても見ておきましょう。
レーシック手術も一昔前と比較してかなり費用が安くなってきたものの、平均15万円くらいはかかります。
自由診療http://www.asurante.jp/hokenn.htmlのため、保険は適用されませんので全額自己負担になります。

コンタクトレンズは、買い替えの必要があり、2週間の使い捨てタイプのものを使用すれば10年の使用でレーシックがお得ということになります。
しかし圧倒的に安いのはメガネです。
毎日のお手入れの面で言えば、メガネは汚れた時に拭くだけですが、コンタクトレンズは、使い捨てタイプでなければ、消毒や洗浄などのケアがかなり面倒です。

レーシックの場合には、手術後の点眼などのケアが必要にはなるのですが、目への問題がその後になければ、毎日の生活でのケアは全く必要無くなります。
どれもメリット、デメリットが他にもあると思いますが、自分にあったものを選ぶことが一番ですね。
レーシックの安全な病院の選び方さえ分かっていれば問題ないでしょう。

Copyright(C) 2013 目の視力回復には欠かせない All Rights Reserved.