体験談

レーシックにかかる費用はどれくらい?

視力の悪い方は、メガネかコンタクトでの生活を送ることになりますね。
ファッションとしておしゃれでメガネをする人も増えてきましたが、視力が悪くてかけている人は、四六時中、寝ている時以外にはかけている必要があるので、かなりストレスとなりますよね。
お風呂に入る時にもメガネがあると曇ってしまい、メガネがないとよく見えない、、という感じで、常に何かしらのストレスや違和感があるものです。

またコンタクトにしても、毎日のお手入れや装着、取り外しなどが面倒なものです。
このようなメガネやコンタクトでの生活に、不便さやストレスを感じている方にとって、救世主となってくれるのが、レーシックです。
芸能人やスポーツ選手もこのレーシック手術を受ける方が多くで、かなり日本でもメジャーなものになってきましたね。

自分もレーシック手術を受けて、メガネやコンタクトなしの、裸眼で生活したい!と思っている方も多いのではないでしょうか。
しかしそこで不安なのは、レーシックにかかる費用ではないでしょうか。
もちろん皆さんレーシック手術にかかる費用が安ければ安いほど、嬉しいことですが、しかし安さだけでクリニック選びをしたり、手術の種類を選ぶことは危険です。
また、レーシックは保険適用されません。

レーシック手術を受けるクリニックによって、また手術の種類によって費用もかなり差がありますので、費用面と共に、自分に最適なクリニックと手術方法を選ぶことが大切です。
http://www.necrotania.com/saiyasuti.htmlにも書いてあるように、現在でのレーシック手術の相場はだいたい10万円前後になっています。
最も安いところでは6万円くらいでレーシック手術ができるところもあるようですが、最新の技術や機器を取り入れたものでは、20万円から50万円くらいはかかることもあります。
また、アメリカのレーシックとも比較してみましょう。

このように同じレーシックでも費用に大きな差があるのは、手術に種類があって、使う機器や技術が違うことと、さらに自由診療であるためにクリニックによって費用が自由に決めることができる、ということもあります。
保険適用外の治療であるレーシック手術は、クリニック側で、妥当だと思う価格が設定できるのです。
医師の技術力や検診内容、術後の定期健診の内容などもクリニックによって、かなり違うので、レーシックの費用も大切ですが、このようなサービス内容もしっかり確認しておきましょう。
レーシックは永久的ではなく個人差があるということも理解しておきましょう。

Copyright(C) 2013 目の視力回復には欠かせない All Rights Reserved.