体験談

海外におけるレーシック手術

これまで視力の悪い人は、メガネかコンタクトレンズを使用するしかありませんでしが、最近ではレーシックという素晴らしい視力矯正も身近なものになってきました。
メガネやコンタクトレンズは、便利な反面、日常生活でとても不便なことも多いですよね。
横になってテレビや雑誌を見たいときにメガネはとても不便ですし、コンタクトレンズのメンテナンスもとても不便なものですね。

しかしレーシック手術を受ければ、裸眼の視力が回復するので、メガネやコンタクトレンズの煩わしい生活から解放されるのです。
日本でレーシック手術が国から認可されたのは2000年で、海外ではもっと前からレーシック手術が普及していました。
芸能人やスポーツ選手もたくさんこの手術を受けたことを公表していて、日本でもとてもメジャーなものになってきたものの、これは日本で開発された技術ではないのです。

海外では、日本よりももっと優れた技術でレーシック手術が行われているところもあります。
世界で最もこの手術が普及しているのがアメリカで、年間でなんと100万人以上の方が手術を受けているそうです。
ですからレーシックの価格競争もかなり激しくなっているようなのです。

アメリカでは1000ドル以下でレーシック手術が受けられるクリニックも多いようですが、最近の日本でもかなり各クリニックでコスト削減の努力がされているので、以前よりもはるかに低価格で手術が受けられるようになってきました。
レーシック手術はアメリカで開発された視力回復の技術ですが、ヨーロッパや日本をはじめとして、アジアなど世界各国に広がっています。
特にベトナムや韓国、タイなどのアジアの国々のお金持ち達を対象としたクリニックには、次々に最新の設備が整えられているようです。

このようなアジアの国々では、アメリカや日本などよりも手術費用がとても安いために、信頼できるクリニックを選びさえすれば、全く問題なくレーシック手術が受けられるのです。
しかし日本であっても海外であっても費用面だけではなくて、安全面も重視して行うことが大切です。
世界的に見ても、視力はレーシック手術によって回復できる、という時代になってきたのですね。


Copyright(C) 2013 目の視力回復には欠かせない All Rights Reserved.