体験談

レーシックしてからどれくらいでメイクOK?

レーザーで角膜を削り、角膜の形状を変えることで視力を矯正することができるレーシック手術。
最近日本もかなり身近になってきたレーシックは、成功率も非常に高く、安全性も高いものです。
なんだかコワイ、、という方もまだまだ多いかもしれませんが、裸眼の視力が回復できるレーシック手術は、とても魅力的なものですよね。

さらに短時間での手術であることから、入院なしで、とても手軽に行えるものでもあります。
しかし入院なしでも行える手術ではあるものの、帰宅したあとのケアはきちんと行うことが非常に大切です。
術後24時間くらいは、できるだけ安静に過ごすことが大切で、洗顔やお風呂に入ることも、翌日行われる検診まではできないことになっています。
レーシック後のドライアイ体験談を読めばよりわかって頂けるかと思います。

レーシック手術を受けた後の目はとてもデリケートです。
感染症やドライアイを予防するための、専用の目薬が処方されるので、これできちんと目のケアをすることが大切です。
また目の周りには細菌感染しないように、特に気をつけるようにしましょう。

特にアイメイクなどは控えるようにして下さい。
レーシックをしてから1週間から2週間くらいは細菌などから目を守るために、アイメイクはしないようにしましょう。
しかしその他のファンデーションなどのメイクは、翌日からしても問題ないでしょう。
その際にも目の周りには極力触れないように、充分注意して下さいね。

ばっちりメイクをしたいかもしれませんが、レーシックの後だけは、目の安全のためにも我慢して下さいね。
他にもレーシック手術を受けた直後には、日常での生活で気をつけたいことがたくさんあります。
激しい運動や、目に水が入ってしまうような水泳、またhttp://www.sonatarestaurant.com/10.htmlにも書いてあるように、パソコンやアイフォンなどのような目を酷使する作業などは控えるようにしましょう。
レーシック後の事を考えたらなんだか面倒になってしまったという方もいるはずです。ここでレーシック手術とメガネ、コンタクトの比較をしてみましょう。

またレーシック後の車の運転なども術後は控えるようにして、パソコン以外のテレビや読書なども長時間見たりするのは、やめて下さいね。
このようにレーシック手術は、手軽にできるとても魅力的な視力矯正手術ですが、術後の自己ケアがとても大切です。
レーシック手術から7年たった方の体験談も参考になるかと思います。

Copyright(C) 2013 目の視力回復には欠かせない All Rights Reserved.