体験談

昔のレーシックと今のレーシック

レーシックという言葉を今では誰もが一度は耳にしたことがあると思います。
今現在、メガネやコンタクトレンズをしている方であれば、視力矯正手術であるこの手術にかなりの興味を持たれていることでしょう。
日本では有名プロスポーツ選手や芸能人でもたくさんこの手術を受けたと公表したことで、ずいぶんとメジャーなものになってきたのではないでしょうか。

アメリカで開発されたこの技術は、日本だけでなく、世界中に広まっている、安全性も有効性も非常に優れた視力矯正手術なのです。
日本では2000年に国から認可された手術ですが、その頃には、このレーシックを多くの人に知ってもらう必要があったためにかなりの広告費がかけられたようです。
そのためレーシック手術にかかる費用も、今と昔では大きな差があるのです。

レーシックは、昔と今ではその認知度の違いと共に、実際にかかる費用面でもかなりの差があるのです。
レーシックは、視力を回復するための手術ですから、健康保険が適用されません。
ですからどうしても高額な手術費用になってしまうのです。

また昔はレーシックを広めるために宣伝費がかなりかけられていたので、その分この手術の費用もかなりの高額になっていたと言われています。
この手術が日本で認可された2000年くらいには、どこのクリニックでも70万円くらいはかかっていたようです。
最新の設備機器の費用、人件費、さらに広告費用がかかるためにこのような高額になるのですが、さらに保険適用外の手術であるため、クリニック側が自由に手術代を設定できることも高額になる原因だったようです。

昔は、レーシック手術を受けられるクリニックも少なかったのですが、最近ではレーシック手術の普及とともに、レーシック手術が受けられるクリニックもかなり多くなっています。
ですから価格競争も激しくなっていて、昔に比べてかなり安い費用で、レーシック手術が受けられるようになってきました。

Copyright(C) 2013 目の視力回復には欠かせない All Rights Reserved.