体験談

レーシック難民ってなんのこと?

アメリカで開発されたレーシック手術の技術は、日本でもかなり身近な存在になり、レーシック手術を受けて、視力を回復されている方がたくさんいますね。
メガネやコンタクトレンズを着用しての不便な生活にストレスを感じていた方にとっては、このレーシック手術は夢のようなものであるかと思います。
日本では、特に芸能人や有名なプロスポーツ選手などがこの手術を受けたことを公開したことなどで、一気にメジャーなものになったようです。

レーシック手術の人気の高まりとともに、かかる費用もずいぶんとお手頃になってきたので、一般の人でも割りと手軽に受けることのできる手術になっています。
この手術は、目の角膜にレーザーを照射して削ります。
そうすることで目の角度が変えられますので、視力が回復できるというものです。

ざっくりとカンタンに説明すれば、レーシック手術はこのような手術なのですが、その視力回復効果は素晴らしく、それまでよりも格段に裸眼の視力がアップします。
安全性も高い手術で、日本では2000年に、国から認可されています。
しかし一方ではレーシック難民と呼ばれている人がいるのです。

このレーシック難民というのは、手術によって遠くのものははっきりと見えるようになったのに、近くが見えにくくなった、という方や、ドライアイや充血、疲れ目や頭痛、さらに視界がいつまでもぼやけている、などの違和感を持ち、それを改善できずにいる人達のことを指しています。
このようなレーシック難民と呼ばれる人が出てくる理由としては、医師の知識や力量不足、また、患者側の知識不足や術後の目のケアが間違っているなどのことが考えられます。
この手術は角膜をレーザーで削る手術なので、元の状態に戻すことの出来ない手術です。
レーシック難民になってしまわないように、クリニック選びや医師選びを慎重にすること、そして自分自身でもレーシックの知識を事前にしっかりと持つことも大切です。

Copyright(C) 2013 目の視力回復には欠かせない All Rights Reserved.