体験談

レーシックの体験談を知ることはできる?

メガネやコンタクトレンズなしの裸眼の生活を可能にしてくれるレーシック手術は、日本でもかなりメジャーなものになってきました。
レーシック手術にかかる費用も一昔に比べて、ずいぶん安く行えるようになりましたので、これから受けてみようかな、と検討されている方も多いことでしょう。
しかし、レーシック手術のイメージが怖そう、危険、失明したら、、などで、今ひとつ踏み出せない方も多いようです。

そんな時には実際にレーシック手術を行った方の体験談を見てみることです。ネットなどにもたくさんレーシック手術の体験談が掲載されていますので、手軽に知ることができますよ。
まずはレーシック手術をすればどのくらい見えるようになるのか、ですが、視力はもちろん、術前と比較して良くなるのですが、手術直後では、少しモヤがかかったような状態になる方が多いようです。
遠くのものでもはっきりと見えるものの、曇りがかったように見えるので、大丈夫かな、と思われるかもしれませんが、このモヤがかった状態は、次第になくなるので、心配が要らないということです。

また体験談では、目がゴロゴロする、という声もありますが、これも次第にとれていくもののようです。
ではみなさん、どのくらい視力が改善されているのでしょうか。
レーシック手術前には左眼が0.2で右眼が0.07だった30歳の女性は、両目ともに1.5にまでアップ。
レーシックのアフターケアも怠らずしっかり受けた上での話です。なのでアフターケアはしっかりおこないましょう。

この方は、レーシック手術を受けて、遠くがしっかりと把握できるようになったので、車の運転の際や仕事などを安心してできるようになったと言われています。
他には、レーシック手術に左眼が0.1で、右眼が0.1だった26歳の男性は、両目ともに1.2にまでアップしています。
この方は、世の中はこんな景色だったのか、というとても純粋な感動をされているようです。

またゴルフの時などにボールがしっかり見えるようになったことなどが良かったと思われることだそうですよ。
他にもネットで探せば体験談が掲載されていますので、参考にして下さいね。
また、レーシックとコンタクトレンズの比較もしてみましょう。

Copyright(C) 2013 目の視力回復には欠かせない All Rights Reserved.